歯の問題

毛先

歯科の考え方が変わりつつあります。

歯科にお世話になったことのない人は居ないのではないでしょうか。虫歯のない人でも小学校などで虫歯健診などを行い歯科医に診てもらったことがあると思います。歯科と言えば、子供の頃に虫歯になってしまった歯の治療のために通ったり、詰めたものが取れてしまった時に突発的に行く人がほとんどです。長い間、歯科は、歯にトラブルがある時に通う病院として考えられていました。しかし、最近は歯科のあり方が変化しつつあります。例えば、歯周病は口の中の病気と言うだけでなく、高血圧や心臓病にも影響する病気と捉えられています。歯周病など、歯の病気を予防することで体の健康にも結びつくと考えられています。歯科は病気を予防するために通う病院になりつつあります。

歯の健康に関する取り組みが広がるでしょう。

今後は歯科は治療だけでなく、体を健康に保つための病院としてのニーズが高まると考えられます。歯周病などの病気を予防すれば体に大きな影響を与える病気の予防にも繋がるのです。歯の病気を直すことで健康維持に繋がるので、歯科で歯の定期健診を行い、未然に病気を予防することが効果的だと考えられ始めています。歯の定期健診の重要性を知らない人も多いので、今後は更に定期健診の意義を多くの人に知ってもらえるような活動を行い、歯科を身近なものに感じてもらう取り組みを行っていくと予想されます。歯が健康であれば、元気な体で過ごせる可能性が高まります。歯の病気の予防だけでなく、万が一、歯の病気になってしまった場合でも早期治療ができるのです。